中学生がプログラミングで稼ぐ方法とは?3000円以内でできるプログラミング勉強法も⁉

Uncategorized

こんにちは!
中学生ブロガー兼プログラマーとして活動中の
「ゆうゆる」と申します

中学生の皆さん稼ぎたいとは思いませんか?

最近はインターネットが発達し、パソコン一台あれば中学生でも高校生でも年齢関係なく稼ぐことのできる時代になっています。

稼ぐ選択肢としても本当にたくさんあります。

中学生が稼ぐ選択肢
  • Youtuber
  • ブロガー
  • イラストレーター
  • プログラマー
  • ライター

などなど…

こんなにもあるよ!

ざっと上げただけでも、5つも出てきました。

その中でもこの記事では「プログラマー」に限定し、具体的に解説させていただきます。

プログラミングで稼ぐとはどういうこと?

「プログラミングで稼ぐといってもどうやって?」という方もいるかと思いますので、まずは稼ぐ方法から稼げる理由について解説します。

稼ぐ方法としては主に2つです。

プログラミングで稼ぐ方法
  • 自分でアプリ開発して稼ぐ
  • 案件をもらい稼ぐ

などなど…

こんな感じ!

一つ目の「自分でアプリ開発をして稼ぐ」というのは、そのままの意味でGoogle PlayやApp Storeにアプリを公開するということです。

それに対して「案件をもらい稼ぐ」というのは、クラウドソーシングなどのサイトあるいはSNSから誰かから依頼を受けて、収益をもらう方法です。

私の意見としては2つ目のほうがおすすめなのですが、そこも合わせて詳しくまとめます。

アプリ開発で稼ぐ

アプリで稼ぐ場合の収益源は、主に3つです。

アプリ開発で稼ぐ
  1. 広告収入で稼ぐ
  2. アプリ内の有料コンテンツ(課金)
  3. 有料アプリを売る

よくゲームやアプリを使っていると広告が流れると思います。これが広告収入として入ることになります。

さらに、ゲームの課金や有料版にできる場合、購入されると収益が入ります。

アプリ開発の難易度としては…

評価 :4/5。

星4くらいで単刀直入に言ってしまうと難しいです…

理由としては、求められるプログラミングのスキルが高いというのはもちろんなのですが収益は安定せず、0になる可能性もあるからです。

ゲーム開発だと、C言語という比較的難しいプログラミング言語が使われる場合もあり高いプログラミングスキルを求められます。

さらに、広告は一クリックで数円の収益なので、しっかりとした金額を稼ぐには相当な数ダウンロードを稼がないとなりません。

しかし、Google Playのアプリ、半分以上は0ダウンロードのもので、少し現実的ではないですね…

バズることができたら話は別で、他の方法とは比にならないくらい稼ぐことができるものです。

一種の賭けのようなものですね!
ハイリスク・ハイリターンなので
夢のある稼ぎ方かもしれませんね。

アプリ開発はこんな感じでした。

案件をもらって稼ぐ

案件で稼ぐ場合にはまず、案件のもらい方から考えなくてはなりません。

主な方法としては「クラウドソーシング」「SNS」と言ったのですが、中学生でもできるものは限られています。

というのも、クラウドソーシングは18歳未満は利用できないものが多いんです…

中学生、案件獲得
  • ココナラ(クラウドソーシング)
  • Twitter(SNS)
  • Instagram(SNS)

少ない…

ココナラはクラウドソーシングなのですが、年齢制限なく使用できるので、中学生が稼ぐ上でうってつけのサービスです。

僕もココナラで、Webライターとして稼いでいます

さらに、TwitterやInstagramなどのSNSも13歳以上なら使うことができるので中学生でも利用できますね。

それぞれの違いとしてはこんな感じです。

SNS
クラウドソーシング
  • トラブルに合う可能性がある
  • 気楽に始められる
  • 安全性は高い
  • 初めてするのは怖い

やはり、稼ぐ上でトラブルに巻き込まれては元も子もないので、安全性の面からクラウドソーシングを利用するのが良いと思います。

ということで僕の一番いいと思う稼ぎ方としては「クラウドソーシングで案件をもらい稼ぐ」ということです。

次からは「ココナラでのプログラミング案件で稼ぐ方法」について具体的に解説していきます。

プログラミング案件の種類(ココナラ)

ココナラで案件をもらうには「自分で出品して、購入してもらう方法」「公開依頼から案件をもらう方法」があるのですが、公開依頼からどんな案件があるのか確認しました。

プログラミング案件
  • Excelマクロ作成
  • Android IOSアプリ開発
  • windows macアプリケーション開発
  • HTML CSSコーディング
  • WEBシステム開発
  • データ管理
いろんな種類の案件がある

ざっと見ただけだも、このくらいありました。

プログラミング初心者の方はHTML CSSコーディングがおすすめですね。
この仕事はサイトのデザインを考えて、実際に作っていくというものです。

お勧めできる点はたくさんありますが、一番は言語の習得が比較的簡単ということです。

するうえで絶対に必要な言語は2つだけなんです⁉(他にあった方がいい言語もありますが…)

HTML CSSコーディングに必要な言語
  • HTML(文字や写真を表示する言語)
  • CSS(HTMLの装飾やレイアウトを決める言語)
  • JavaScript[jQuery](サイトにアニメーションを作るもの)
  • PHP(動的なサイトを作ることだできる)
HTMLとCSSが分かれば大丈夫!

HTML CSSを習得するのには約20時間ほどといわれています。
日にちに換算すると約1~2週間程度で習得できます。

Pythonだと完全に習得するまでは3~4か月かかると言われているので、比較的早くと言えるでしょう。

次に「おすすめのプログラミング勉強方法」を解説していきます。

おすすめのプログラミング勉強方法

プログラミングを勉強するうえで一番良いのはスクールに通うことですが…

中学生からしたら、高すぎると思います。

せいぜい、払えても3000円くらいって感じですよね…

なので今回は3000円以内で習得できるおすすめの方法を2つ紹介します。

3000円以内のプログラミング学習方法
  • Progateで勉強!
  • 電子書籍(参考書)で勉強

それぞれ詳しく解説していきます。

Progateで勉強する方法

「そもそも、Progateとは何だ?」という方もいると思いますので、どんなものなのか軽く説明します。

Progateは実践形式でプログラミングの基礎を学ぶことができるというサービスで、初心者からプロまでたくさんの人が利用しています。

僕も使っています!

ユーザー数は150万人を突破しており、比較的信頼度は高いでしょう。

Progateには無料版と有料版がありそれぞれの違いとしてはこんな感じです。

無料版
有料版
  • 18レッスン受けられる
  • 初級編しかできない
  • 80レッスン受けられる
  • 初級編から上級編まですべて受けられる
  • 道場コースを受けられる

無料版で18個、有料版で80個ものレッスンが公開されており、HTML CSSの他にPHP JavaScript Python Rubyなどなどたくさんの言語を学ぶことができます。

無料版では初級編を学べますが、有料版にすると上級編や学んだことをアウトップとする「道場コース」というものも用意されており、本気で学ぶ場合は有料にすべきですね。

これだけのサービスで月額980円と1000円以内でHTML CSSを習得することができます。

僕もつい最近有料版に変えさせていただきました!

気になった方はこちら↓をご覧ください。

Progate(プロゲート) | Learn to code, learn to be creative.
Progateはオンラインでプログラミングを学べるサービスです。プログラミングを学んでWEBアプリケーションを作ろう。

裏でお金をもらっているものではなく、本当におすすめできるものです。
安心して利用してくださいね。

電子書籍(参考書)で勉強する方法

もう一つの方法、「参考書で勉強する方法」の紹介です。

僕が新しい言語を学ぶときには必ず参考書を購入しています。メリットやデメリット・おすすめの参考書を紹介させていただきます。

まず、メリット・デメリットはこんな感じです。

参考書のメリット
参考書のデメリット
  • 誤情報が少ない
  • 好きな時間に勉強できる
  • スマホからも見られる
  • 古い情報かもしれない
  • コードをコピペできない

参考書はニュースや新聞と違って、「早く伝える」ということではなく「高い評価を得るために作りこむ」ということを意識しているでしょう。

そのため、誤情報がない、あるいは訂正されている場合が多いんです。

そして、好きな時間に見られることも最大のメリットでしょう。

中学生だと、テストや部活、課題などもあり、時間を作るのは少し難しいと思います。

でも、電子書籍ならスマホでも見れるので勉強の間などのスキマ時間に見られるのは良いですね。

僕も、通学中にスマホで見ています!

デメリットとしては、古い情報である可能性があります…

プログラミング言語にもアップデートがあるので、プログラミングを学習するときは特に気を付けた方が良いです。

サイトなどの場合はアップデートが簡単にできますが、電子書籍だと少し難しいです。
なので、古い情報もそのままになっている場合が多いんです。

もし、購入しようと思った場合には「発売日」「更新日」を確認してからにしましょう。

おすすめの参考書

今回紹介する参考書は、「1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座」という本です。

僕も買って勉強してるよ!

この参考書では、HTML CSSの基本構文実際にサイトを作りながら学んでいくという感じなのですが…

作っていくサイト自体がおしゃれで実際のものと変わらないクオリティーなので、凄く勉強になります。

さらに、この参考書ではHTML CSSだけではなくデザインの基礎や色の使い方などの、即戦力になることも学べるんです。

ページ数は約280ページとボリューミーで金額は2300円ほどです。

気になった方は見てみてくださいね!

最後に…

いかがでしたでしょうか?

僕の一番おすすめするプログラミングでの稼ぎ方は「HTML CSSコーディング案件をココナラでもらう」という方法ですね。

そして、プログラミングを学ぶ方法としては「Progate・参考書」がおすすめです!

ぜひ、一度試してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました